2016年03月10日

現金の流通量が増加

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

日本銀行の発表によると、
2 月に市中に出回っていた現金の流通量 (マネーストック) が、
前年同月比で 13 年ぶりの高い伸びを記録しました。

もちろんマイナス金利の影響が大きく、
銀行に預けていても利子はほとんどつかず、時間外に引き出したりすれば、
手数料で預金は目減りするなどの状況を反映しているようです。

ichi-manen.png
(C) Bank of Japan

報道によると、低額の硬貨や千円札よりも、
高額の 1 万円札の流通量の伸びが最も大きいそうです。

自宅用の金庫がよく売れているといった現象もあるようで、
マイナス金利の影響は各所で表れています。

(Ym)

posted by ブログキャスター at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434764982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック