2016年02月17日

横着の代償

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

やってしまいました。。。
購入から半年足らずの 「iPhone 6S Plus」 を地面に落として、
液晶画面を損傷させてしまったのです。

画面が損傷したといっても、うっすら 1 本の筋が通っている状態で、
日常の使用にあまり問題は感じません。画像や映像を見ていても、
角度によってはまったく気にならないレベルです。
とはいえ、画面に傷がついた状態は気になります。

iPhone 6S Plusは、それまでに使っていたiPhone 5 よりも、
はるかにサイズが大きいことから、
私はカバーを付けずに持ち歩いていました。
そのほうがスタイリッシュだったというのもあります。

iphone 6.png
(C) Apple Inc.

かつてのガラケーは、
落としても画面を損傷することはあまりなかったですが、
液晶画面が大きいスマホは落下の衝撃にとても弱い。
iPhone 5 のときは液晶画面にフィルムを貼っていて、
落としても画面を割ったことはなかったのですが、
今回は横着して 「フィルムなんて貼らなくても大丈夫だろう」 と、
タカをくくっていました。

iPhone の液晶は、アップルストアなどへ持ち込めば、
有料で修理してくれるそうですが、調べてみると、
iPhone 6S Plus の場合は 2 万円近い出費になります。
損傷レベルが致命的ならあきらめもつくのですが、
中途半端な損傷なので、なかなか踏ん切りもつかない。

とはいえ、やっぱり、フィルムは貼っておくべきでした。
修理に出したら、その足でフィルムを買いに走ろうと思います。

( Fr )

posted by ブログキャスター at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433911725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。