2016年02月10日

酔い方の差

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

仕事柄、付き合いでお酒を飲むことも少なくないのですが、
私は基本的にお酒が好きで、仕事関係以外にも知人・友人との会など、
お誘いがあれば、さまざまな酒席に可能な範囲で出るようにしています。

長年、不思議だなと思っているのは、
同じ酒量を飲んでも酔い方には意外に差があること。
気を許した人間と飲むと、そんなに飲んでいなくても、
ベロベロに酔ってしまうこともあるのに、
逆に初めて酒席でご一緒するような人が多い会だと、
いくら飲んでも大して酔わないことがあります。

先日も仕事絡みのある会合で飲んでいたら、
結構なペースで飲んでいたのに、さほど酔っておらず、
冷静に受け答えしている自分がいました。

nihon-shu.jpg
(C) 日本酒造組合中央会

ところが、会が終わって 1 人になってから気づいたのは、
かなり酔っ払っていたことです。
仕事の連絡などをスマホのメールで返しつつ帰ろうかと思ったら、
まったく文章にならず、諦めました。

仕事絡みの会合では緊張していたぶん、
体が防衛本能的に酔わないようにしていたのでしょうが、
1 人になって気が抜けた瞬間に酔いが回ってしまったのでしょう。

お酒に酔うか酔わないかは体調も関係しますが、
いずれにしても 「今日は酔っていない」 と飲み過ぎてしまうのは、
きっと危険な行為なのだと思います。

( Fr )

posted by ブログキャスター at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433631057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。