2016年02月05日

シャープはどこへ

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

シャープの再建をめぐり、
台湾の鴻海精密工業が買収という報道が出ています。

一時は日本の産業革新機構が出資と報じられましたが、
一転して鴻海との連携に傾いているようです。

sharp.png
(C) Sharp Corporation

機構の出資規模が 3,000 億円に対して鴻海側は 7,000 億円超。
そのあたりをメインバンクが評価したとも言われています。

電機業界も世界的な再編の象徴にも見えますが、
消費者としては自分の使っているシャープ製品がどうなるか、
液晶テレビやレコーダーのことが気になる人が多いようです。

(Ym)

posted by ブログキャスター at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。