2016年02月03日

マイナス金利の世界

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

先週末、日本銀行の金融政策決定会合で導入されたマイナス金利。
金融機関が日銀に預ける当座預金にマイナスの金利 (手数料) が、
かかるというものです。

民間銀行などが日銀に余裕資金を預けず、
企業への融資や設備投資資金に回すことを狙った裏技といわれます。

しかし早くもその副作用が現れています。
報道によると一部の都市銀行が企業の普通預金に手数料を検討したり、
利率の低下する個人向け国債の発行が見送られる … などです。

mainasu-kinri.jpg
詳しくはこちら

東洋経済から先月 『マイナス金利』 という本が出ています。
先週来ご注文が相次いでいますが、マイナス金利の仕組みや背景、
その副作用なども詳しく解説されています。

(目次より)「マイナス金利の世界へようこそ」
「マイナス金利とマイナス成長の循環は避けられるか?」
金融関係者はもちろん、すべての預金者にも参考になる良書です。

(Ym)

posted by ブログキャスター at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433343624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。