2013年01月11日

シェールガス革命

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

世界各国のエネルギー事情が変化するなか、
いま最も注目されているのがシェールガスです。

これまでは技術的な問題で採掘に高いコストが必要でしたが、
技術開発によって、それも少しずつ克服されてきています。

埋蔵量は北米が多いとみられ、特に米国では、
シェールガスの普及が国の行方を左右するとまで言われています。

というのも、たとえば、
これまで原油の調達先として影響力を行使してきた中東諸国に対して、
エネルギー源としてシェールガスを自給自足できるようになれば、
膨大な軍事費や介入マネーの大幅削減が可能になります。

shell-gas.jpg
詳しくはこちら

東洋経済では12月に 『シェールガス革命で世界は激変する』
という書籍を出版しました。著者は長谷川慶太郎・泉谷渉のお二人です。

100 年に 1 度と言われるエネルギー革命は、世界の経済・社会・産業、
国際情勢にどのような影響をもたらすのでしょうか。

日本の技術力の活躍の場が増える可能性もあり、
世界の勢力図が激変する可能性を秘めた最新エネルギーに関する良書です。

(Ym)

posted by ブログキャスター at 16:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファッション
Posted by ジム プール 水着 at 2013年07月17日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。