2012年02月02日

フェイスブックが上場申請

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

世界で8億人超の利用者がいるといわれるフェイスブックが、
米国の株式市場に上場申請を行いました。

株式の上場 (公開) によって、企業は返済が必要のない資金を調達できます。
今回のフェイスブックは上場によって50億ドル (約3800億円) を、
市場 (投資家) から集めると言われています。

一方で上場によって企業は、業績の良しあしや株価の上げ下げなど、
投資家 (株を売買する人々) から日々厳しい評価を受けることになります。

facebook.jpg
(C) Facebook

上場後の株価にもよりますが、
フェイスブックの時価総額は1000億ドルを超えるという見方もあり、
文字どおり、断トツのSNS (ソーシャル・ネットワーク・サービス)
になります。

まだ2月ですが、今年の世界最大のIPO (新規上場) であることは確実。
市場関係者には、日本の株式市場への好影響を期待する声も多くあります。

最近、比較的底堅い推移が続いている世界の株式市場ですが、
久しぶりの大型上場で、勢いを加速させることができるでしょうか。

(Ym)

posted by ブログキャスター at 10:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 上場廃止 at 2012年03月10日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/249965369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック