2011年07月27日

進む円高

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

円相場が1ドル=77円台に突入し、
3月の震災後に付けた高値1ドル=76円25銭に迫ろうかという水準です。

欧州の金融不安に加え、米国債の信認にも疑問符がつき始め、
ドルを売って円を買う動きが強まっているようです。

積極的に円を買う材料があるわけではなく、
ユーロもドルも買いにくいので、消去法で円が浮上、という構図です。

doller-yen.gif
(C) Yahoo Japan

円高は日本の輸出企業にはマイナスです。
同じ1ドルの製品でも、1ドル=100円で売れたものが、
円高になると1ドル=80円でしか売れなくなるからです。

円高当初は収益の目減りという現象が起き、
その目減り分を補おうと、仮にドル建ての製品価格を引き上げると、
市場での価格競争力が不利になり、モノ自体も売れなくなる、
という悪循環に陥ります。

逆に、円高は輸入物価の押し下げ効果があるので、
原油や商品相場などでは、安く買えるというメリットになります。
ただ輸出比率の高い日本では、円高デメリットのほうが大きいようです。

円高が進んだ3月には、
日米欧の中央銀行による、円売り協調介入が実施されました。
今回はどうなるか。市場は注目しています。

(Ym)

posted by ブログキャスター at 14:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216996741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

円高水準続く 77円台後半に
Excerpt: かんべんしてくれぇ〜 [あちゃー/]ドル決済で受け取ってるモノがあるんだけど、ドルが安くてかなわんから止めてやった [ぷいっ/]しばらくプールしておいて円安に振れたら入金してもらう作戦にしたけど、当分..
Weblog: 時々時事爺
Tracked: 2011-07-27 23:06