2011年01月20日

鶴丸は復活できるか

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

会社更生法を申請し経営再建中の日本航空が、
かつてのシンボルマーク 「鶴丸」 を復活するそうです。

ナショナルフラッグの象徴だった鶴丸は、
1959年に登場し、3年前まで使われていました。

3年前は新生JALをアピールするため、英語ロゴに変えたのですが、
今回は 「原点に立ち返る」 (大西社長) ために再変更するのだとか。

稲盛会長によると、今は月単位で100億円規模の営業利益を確保し、
再建は軌道に乗っているとのことです。

tsuru-maru.gif
(C) JAL

しかし 「鶴丸」 復活発表と同じ日、
日本航空を整理解雇されたパイロットや客室乗務員146人が、
解雇の無効を求めて、東京地裁に訴訟を起こしました。

大幅な人件費削減が収益の改善に不可欠でしたが、
真の鶴丸復活には、まだまだ茨の道が待っていそうです。

(Ym)

posted by ブログキャスター at 13:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181627571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

さようなら日航マーク「鶴丸」
Excerpt:  約半世紀にわたって親しんできた日航マーク「鶴丸」が、5月30日、大阪ー羽田間で
Weblog: 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記
Tracked: 2011-01-20 16:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。