2010年04月20日

フルマラソンは甘くない

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

4月18日。茨城県の土浦市・かすみがうら市などで開かれた市民マラソン大会、
「第20回かすみがうらマラソン」 に参加してきました。

エントリーしたのはフルマラソンの部 (42.195km) 。
昨年3月に出場した 「東京・荒川市民マラソン」 で、
人生初めて走ったフルマラソンに2度目の挑戦となりました。

前回のタイムは、
グロス (号砲が鳴ってからゴールするまで) で2時間58分15秒。
ネット (スタートラインを通過してからゴールまでの正味時間) が、
2時間57分15秒でした。今回はそれを上回ることが目標で、
レースに向けては、前回よりも多くの距離を走り込みました。

ちなみに前回は直前の1カ月で180kmぐらいの走行距離でしたが、
今回は約300kmを走破しました。あくまで自己判断ですが、
昨年の同時期に比べて、走力が上がっているという実感もありましたので、
「自己ベストの更新はできるだろう。うまくすれば2時間50分を切れるかも」
とさえ思っていたぐらいです。

しかし、それは大きな間違いでした。まず、レース結果は以下のとおり。

号砲からスタートライン通過      5秒
10km              39分30秒
20km          1時間19分37秒 (40分07秒)
ハーフ通過       1時間24分01秒
30km          1時間59分38秒 (40分01秒)
40km          2時間46分36秒 (46分58秒)
GOAL          2時間57分57秒

カッコ内は10kmごとのラップです。ネットは2時間57分52秒。
グロスではベスト更新でしたが、ネットではわずかながら、
自己ベストにさえ届きませんでした。
昨年の初挑戦に続いて3時間切りである 「サブスリー」 は達成できたものの、
後半に失速してしまう、なんとも後味の悪いレースとなってしまいました。

30kmぐらいまでは2時間50分切りのペースを刻んでいましたから、
余計に悔しいのと同時に情けなさでいっぱいです。

kasumigaura-1.jpg
(C) かすみがうらマラソン公式サイト

敗因はいくつか考えられますが、総括すれば、
フルマラソンに対する 「心構え」 が欠如していたことが挙げられます。
つまり、 「ナメてた」 。

かすみがうらマラソンは全国でも屈指のマンモス大会で、今年は、
「フルマラソン」 「10マイル (約16km) 」 「5km」 の3部門で、
合計2万5000人を超える過去最高のエントリーがあったようです。

発着点の最寄り駅となったJR土浦駅は早朝からかなりの混雑。
私は東京・上野方面からJR常磐線で現地へ向かいましたが、
電車はランナーとおぼしき人でほぼ満員状態。
私は約1時間立ちっぱなしになってしまいました。
まず、これで無駄な体力を使ってしまった。

また、今回レースの1週間前に、
腰を痛めるというアクシデントに見舞われました。
原因は子供と重い荷物を同時に抱えたことで、
直前の1週間は調整のためのランニングもほとんどできず、
この痛みがレース出走時にも若干残っていました。

もうひとつはレース中のエネルギー補給。
2時間を超えるレースとなるフルマラソンでは、
体内のエネルギーをほぼ使い果たしてしまいます。
そのためにレース中に給水以外で、何らかの補給が必要となります。

前回のレースでは、ゼリー状の専用食品を抱えて走ったのと、
大会側が給食として用意してくれたエネルギー補給用のタブレット
(ラムネのような食品) で補給できたのですが、
今回は専用食品を用意するのを忘れたのに加えて、
大会側が用意してくれたのはバナナぐらいで、
サブスリーランナーが走りながら食べるような給食ではありませんでした。

これらの要因が、見ての通りの結果につながったというワケですが、
これらのマイナス面は、事前準備次第で回避することもできました。
電車については、特急列車の指定席を事前に手配しておけばよかったし、
重い荷物と子供は必ずしも、同時に運ばなければならないこともなかった。
うまく分けて運ぶことも可能でした。レース中のエネルギー補給についても、
昨年と同様に専用食品を準備することは可能でした。

結局のところ、2回目のフルマラソンということで、
油断が生じていたんだと思います。いろいろな市民ランナーの方が、
ブログなどで 「フルマラソンは甘くない」 と書いているのを、
目にしていましたが、まさに私も思い知ることになりました。

これに懲りず、また機会を見つけてフルマラソンに挑戦するつもりです。
今度は、準備万端で挑まなければならないでしょう。

kasumigaura-2.jpg
(C) かすみがうらマラソン公式サイト

ちなみに余談ですが、
私は昔から野球のキャッチボールで思った場所にうまく投げられない
「ノーコン」 (トロール) です 。

今回、かすみがうらマラソンで何度となく給水の機会があったのですが、
ボランティアの方が用意してくれたゴミ箱に、
飲み終わった紙コップを投げ入れる際に、ことごとく外してしまいました。
ボランティアの方々には、本当にご迷惑をおかけしたと思います。

次のフルマラソンは、記録向上はもちろん、
紙コップ投げのコントロール向上も課題です。

(Fr)

posted by ブログキャスター at 15:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147136486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

かすみがうらマラソン
Excerpt: マラソンが趣味で学生時代からもう十年走っています。新しいマラソン大会にも出た.... マラソンが趣味で学生時代からもう十年走っています。新しいマラソン大会にも出たいと思っています。普段は茨城在住なので..
Weblog: 話題のニュースのまとめ
Tracked: 2010-04-21 04:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。