2009年07月01日

寝台特急に魅せられた夜

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。
今日は 「鉄道進化論」 増発便の第5号です。

長野−富山−金沢を巡った 「北陸新幹線」 の取材。
往路は 「長野行き北陸新幹線 (通称・長野新幹線) 」 で長野へ。
長野から信越本線の普通列車 「妙高」 で新潟県上越市の直江津、
直江津で北陸本線の特急 「北越」 に乗り換えて富山。
富山から特急 「はくたか」 で金沢へ。

そして … 2泊3日の鉄道特集取材の最終日。
復路に選んだのは、金沢−上野間を約8時間かけて走る、
寝台特急 「北陸」 でした。

地元取材と称して長野善光寺に詣で、
江戸時代、廻船問屋の町並みが残る富山市岩瀬、金沢兼六園など
観光も組み入れた3日間の取材旅行。

「北陸」 に乗るため、金沢駅に21時45分に到着したときには、
心地よい達成感とともに、重い体と荷物を引きずっていました。

「20時台の小松空港発の飛行機に乗っていれば、今頃もう東京に … 」
なんて考えを振り払って階段を上ると、ホームにはすでに青く艶めく車体が!

hokuriku-2.JPG

hokuriku-1.JPG

まさに " ブルートレイン " な姿にドーパミンが一気に作動し、
荷物を放り出して、車両の前に後ろに、客室へと飛びまわり写真を撮り続ける、
すっかり 「鉄道」 に魅せられた自分がいました。

22時18分の発車に合わせ乗り込んだのは
A寝台1人用個室 「シングルデラックス」 。

hokuriku-3.JPG

hokuriku-4.JPG
シングルデラックス

ちなみに6月某日、水曜日の平日にもかかわらず
B寝台1人用個室 「ソロ」 は満席でした。

hokuriku-6.JPG
ソロ

心地良い揺れに体をまかせながら車窓を眺め、
寝台特急 「北陸」 を舞台にした " トラベルミステリー " を読んでいると、
いつの間にか睡魔が … 。8時間の列車の旅は、あっという間に終わりました。

出発地と到着地を直接結ぶ飛行機の移動が " 点と点 "の旅だとすると、
日本地理を " 線 " で感じることができた今回の列車の旅。

北陸新幹線の延伸に伴い、
大幅な運行体系の見直し、さらには廃止も噂される寝台特急 「北陸」 ですが、
出張帰り (もしくは行き) の50代男性会社員、3人組の60代女性の観光客、
一眼レフのカメラを片手に、車内を飛び回る30代男性の一人旅客 … と、
想像していた以上に利用客は大勢。

快適性を追求した 「車内設備のリニューアル」 や、
ビジネス・観光客にとって利便性の高い 「ダイヤ改正」 など、
やり方次第では、 「安い」 高速バス、 「速い」 飛行機、
5年後に金沢駅まで開業予定の北陸新幹線とも、戦える可能性を感じました。

ところで、電気機関車が牽引する寝台特急列車 「北陸」 。
先頭車両の牽引機関車が、金沢駅出発時 (赤) と
上野駅到着時 (青と白) では異なっています。

hokuriku-7.JPG
金沢出発時の先頭車両

hokuriku-8.JPG
上野到着時の先頭車両

途中 「ずいぶん長く停車しているな」 と感じた長岡駅で、
牽引機関車の交換が行われ (眠っていたので気がつきませんでしたが) 、
何と長岡駅からは編成車両が前後し、進行方向が逆転していました。

帰宅後に読み終えた " トラベルミステリー " で、
謎解きに使われていて知った事実。このちょっとした " 発見 " の喜びも、
「鉄道」 に魅せられる理由の一つなのかもしれません。

(Mn)

posted by ブログキャスター at 13:18| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寝台特急「富士・はやぶさ」消滅の経緯は面白く納得しました。
(「富士」にさよなら乗車した身として)

鉄道に関する多角な取材、興味深く拝読しました。

いずれ今までとは違う鉄道の復権を望み、また信じております。



Posted by じんちゃん at 2009年07月07日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122587187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

善光寺 住職
Excerpt: 善光寺と宿坊の精進料理商品価格:2,520円レビュー平均:0.0 【長野善光寺の御開帳と近辺の観光について】【長野善光寺の御開帳と近辺の観光について】5月30日に善光寺への参拝と近辺(希望として..
Weblog: 今日の注目すべき社会芸能ニュース
Tracked: 2009-07-02 08:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。