2009年01月22日

水に濡れた回数券は …

こんにちは!
東洋経済 『ブログキャスター』 編集部です。

先日 『週刊東洋経済』 の取材で、大阪・神戸へ出張に行ってきました。
新幹線 「のぞみ」 で東京から約2時間半。

現地での取材もほぼ狙い通りのネタを拾うこともできて、
出張はまったく滞りなく終了しました。

日帰りで帰らなければならないスケジュールのため、少しバタバタしましたが、
ちょっとした小旅行気分でした。

実は今回、出張当日に一つだけ心配事がありました。
話はその数日前にさかのぼります。

出張する際は、事前に会社へ申請するルールになっています
(どこの会社もそうかもしれないですね)。

で、大阪出張の場合、数日前に希望すれば、新幹線の回数券が支給されます。
私も現金やクレジットカードで支払って、後で精算するのも面倒なので、
いつも回数券を事前にもらってから、出張に出かけるケースが大半。
今回も、事前に回数券の支給を受けました。

nozomi.jpg
(C) JR東海

" 事故 " が起こったのはその後です。
もらった回数券を名刺入れに挟んでいたのですが、
その名刺入れをなくしてしまったのです。紛失したのは社内。
それもその直前まで、手元にあったはずのものがなくなっていました。

「あれ? どこいっちゃったんだろう? 」

慌ててデスクの周りや引き出し、カバンの中、
スーツやコートのポケットなどを探し回ってみたものの、全然見つからない。
途方に暮れていると、隣席に座る先輩が声をかけてきました。

「これ、君のじゃないの? 」

見てみると私の名刺入れ。ただし、問題がありました。
ビチャビチャに濡れていたんです。理由は分かりました。
トイレで何らかの拍子に落としてしまったんですね。

「ああっ! 私のです! すみません! ありがとうございます! 」

私の名刺入れのために、手を汚してしまった先輩にお礼とお詫びを伝え、
名刺入れを受け取って、慌てて中に入っていた名刺を取り出しました。
幸い汚水に落ちた様子はありませんでした。ホッ。

取材先からもらった名刺は人に渡すこともないので、乾かせば使えそう。
自分の名刺はもったいないけど、捨てることにしました。
問題は、… そう新幹線の回数券です。ビチャビチャに濡れていました。

ただ一方で、見た目に何かダメージを受けている様子も見られませんでした。
そこで、私は " 賭け " に出ました。

「乾かして、使ってみよう」 と。

kaisuu-ken.gif
(C) Tickety

早速、その回数券を濡れた名刺と一緒に吸水性の高い古新聞に包みました。
放置すること数時間。その後、古新聞の上で自然乾燥。
そして、見事に乾いたのです。乾燥しやすい冬ですし、
社内はエアコンをかけていますから、乾燥しやすかったのかもしれません。

出張当日、ドキドキしながらその新幹線回数券を、
指定席予約ができる券売機に投入してみました。
結果は … まったく問題なし。
行きも帰りも2枚とも、正常に機械が作動しました。

一つ学びました。

「新幹線の回数券は水に濡れても使える」 。

ほとんど役に立たない知識ですが … 。

(Fr)
posted by ブログキャスター at 13:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございました。参考になりました。

実は地下鉄の回数カードを間違えてポケットに入れたまま洗濯してしまいました。

大丈夫かもしれません(笑)
Posted by at 2014年09月06日 18:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。